image

蛇口をひねると、一見無色透明なキレイな水が出てきます。
水道水は安全に飲めるように塩素で消毒されていることはご存知だと思います。
しかし、今やミネラルウォーターは一般化し、各家庭の台所では浄水機が大活躍しています。

水の不安は「飲むこと」ばかりでなく、髪の毛やお肌への影響も深刻です。
水道水の中に含まれている 「残留塩素」 の水が髪のキューティクルを傷めてしまいます。

残留塩素」で髪の表面のキューティクルが開いた状態になっていると髪が乾燥していきます。
その状態でいることで髪がゴワゴワになりパサつきが激しくなります。
特に水の汚れが多い地域の水道水ほど高濃度の塩素が残留しているので、
あなたの髪やお肌のトラブルの原因は、一番身近な水道水かもしれません。

 

塩素による髪・肌のトラブル

○ パサパサの乾燥毛になりやすい

○ 切れ毛・枝毛になりやすい

○ 髪の変色(色が抜けて茶褐色)

○ 一番風呂だと肌がピリピリ感じる

 

 

例えば、「朝1番目の水は飲まない」と、言われます。
これも家庭に引き込まれている水道管の中には、一晩動かずにいた水がたまっています。
この水は、揮発性の塩素が飛んでしまって、消毒作用が消え、
大腸菌などの有害なものが発生する恐れがあるからなのです。


浄水器も同じです。しばらく出しっぱなしにしてから使う。
そうすれば本管から供給された安全(消毒された)な水が飲めるというわけです。
「一番最初にお風呂に入ると体に良くない」って話 聞きたことありませんか?

これも,みんな『塩素』のことなんです。
美しい肌や髪を守るためには残留塩素を少しでも残さないようにしましょう。

 

image

 

 

塩素対策として

①ボトルに汲み置きをし、数時間おいておく

②やかんで沸かす(沸騰したら火を止めるのではなく、5分くらい沸騰させたほうが良いそうです)

 

 とても大変だと思いますが塩素も消えて安心して使えますね。

※ただし、ボトルに汲み置きしたり、沸かした水を飲料水として使うときは短期間で使い切ってください。

 

だからといって一概に水道水の塩素が悪いものとは言えません。
ただ水は常に動いた状態が良いといわれています。

 

ここで注意していただきたいのは
髪の化粧水 = トリートメント・整髪料ではないということです。
中からだけでは補うことの出来ない  『』 を外側から補う事が出来るんです。

 

超純水や生体に近い水などは、
水成分以外何も入っていないにもかかわらず、確かに水道水をつけた感触とはまったく違うことがわかります。

 

毎日洗う 髪・肌 だから 水には気をつけたい。

 

肌に化粧水を必要と考えているように
髪にも化粧水を必要と考えてみませんか?

 

 
PalmStage ホームページはこちら⬇︎
http://palmstage.net/

 

あなたの「欲しい」が必ず見つかる!最先端のアイテム満載!
パームステージ商品購入サイト⬇︎
https://ddsrecell.com/mss/20004412

 

 

 

水を知って髪や肌を健康に!


投稿ナビゲーション