暑くても身体は冷えている

 

暑い夏、エアコンが効いた部屋でつい冷たい飲み物ばかり飲んでいませんか?
今回は『冷え』による髪と地肌、お肌のトラブルについてお話しします。

 

 

暑い夏でも体が冷えてしまう原因とは?

 

夏は外の気温が高いので冷えはないように思いますが、
その油断が身体を冷やしている可能性があります。

筋肉は食べ物から得たエネルギーを燃焼することで体温を維持しており、
筋肉量が少ない女性は男性より体温を維持することが難しく冷えやすいです。
また、脂肪は身体の熱を閉じ込めておく役割をしているのですが、
脂肪自体に熱を生む力はないので一度冷えてしまうと
保冷材のようになり身体を冷やしてしまいます。
おしりや太ももなどの柔らかい脂肪が多い部分を触ってみて
ひんやりしているなら身体が冷えている証拠です。

また、冷たい飲み物ばかり飲んでいるとお腹が冷える上に、
心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなってしまいます。
身体に熱がこもっている時は、熱を冷ましてくれる冷たい飲み物や食べ物が効果的ですが、
冷えた飲み物を一気に飲むと胃が急激に冷えて血流が悪くなり、
胃腸の動きが低下してしまいます。

 

 

身体の『冷え』が髪や頭皮、お肌に影響を及ぼす⁉︎

 

身体の全体の冷えが続くと血流が悪くなり自律神経を乱れ様々な不調が現れます。
抜け毛や白髪、肌荒れのようなトラブルも自律神経の乱れから引き起こされます。

自律神経が乱れると新陳代謝も悪化していきます。
細胞分裂の回数が減少し、新しい細胞が作られにくくなります。
ターンオーバーがしにくくなるため、肌荒れ、シミ・シワなども増加します。

また夏の肌は、汗や皮脂の分泌が活発です。
実は、表面がテカっていたり、ベタついたりしているように見えても、
強い日差しや、冷房により内側はカラカラ。
夏は肌の内側が乾燥する「インナードライ」を引き起こしやすくなります。

 

毎日のお手入れが大事!積極的に取り組みましょう。
保湿は水分を「与える」&「維持」➡︎お肌のお手入れ方法はこちら

 

 

乱れた自律神経を整える方法

副交感神経を優位に働かせる

ゆったりとぬるま湯につかることで、交感神経が優位に働くようになり
リラックス効果や癒し効果が得られます。
下半身は重力に逆らって血液が流れるので冷えていない時でも
血行が悪くなりやすい部分ですので、
身体を温めると血液も温まって血液の流れを良くできます。
また、毛細血管が拡張し、全身の血行が良くなるため、
抜け毛・薄毛予防、冷えの予防、美容などにも効果が期待できます。

夏の頭皮をチェック!詳しくはこちらファーストカウンセリング

近年は猛暑になることが多く、ついついエアコンの設定温度を低くしすぎたり、
冷たいものを飲み過ぎたりしがちです。
でも、夏に身体を冷やしてしまうと、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。
夏の身体を冷えから守ることを意識して過ごしたいですね。

 

今の肌質の状態、お悩みの原因を知ることから始めてみませんか。
あなたにあった効率的な正しいケアのプロセス提案をさせていただきます。
カウンセリングのみでも気軽にご来店いただけます。
 
メールでのご相談も承っております。➡︎お問い合わせはこちらから
PALMSTAGEホームページはこちら➡︎http://palmstage.net
夏は冬よりも『冷え』と『乾燥』にご注意を!


投稿ナビゲーション